Category Archives: セラミド化粧品

セラミドの種類

セラミドは、角質層にあって水分保持の役目を持つ細胞間脂質の60%以上を占めるといわれる成分です。
セラミドは、脂肪酸とスフィンゴイドによって生成されます。

人間の肌に存在するセラミドはは現在11種類と言われています。
セラミド1~セラミド11というように、数字で表記されます。
セラミドの役目は水分保持ですが、11種類のセラミドはその役目を持ちつつ、
少しずつ違う役割を果たしています。

その中でもよく知られ、最も多く保湿化粧品、保湿美容液に配合されているのが、
セラミド1、セラミド2、セラミド3、そしてセラミド6です。

セラミド1は、水分保持機能と外部刺激に対する優れたバリア機能が特長です。
高い水分保持力を誇り、外的刺激から肌を守る働きバリア機能を持っています。

セラミド2は、肌に最も多く存在するセラミドです。高い保湿力を持っています。

セラミド3は、水分を保持し、肌のうるおいを保つ能力を持っています。

セラミド6は、肌の新陳代謝であるターンオーバーを促し、その正常化を司ります。まだ肌水分の保持機能もあります。

以上のように、セラミド2は人間の肌内に最も多く存在して、保湿を行い、
セラミド1、3、6は、水分保持において大変重要な役目を果たしますので、
セラミド美容液を始めとするセラミド化粧品に多く配合されています。

Posted in セラミド, セラミド化粧品.